HOME > EC-CUBEのメリット

ECサイト構築サービス Just Commerce EC-CUBEのメリット

EC-CUBEは、株式会社ロックオンが開発してきたオープンソースのECサイト構築システムです。
海外発のものが多い中で、国産では最も有名なECサイト構築システムです。
商品管理・顧客管理・ページ管理・メルマガ配信機能・モバイル対応機能など、ECショップを運営する上で必要なものはほとんど全てパッケージ内に揃っています。
また、デザイン性にも優れいて、管理画面も分かりやすく扱いやすいのが特長です。

 

もちろん、ECサイトを構築する方法はいくつかありますし、それぞれ長所・短所があります。
どれが良い・悪いということではなくて、自社の状況に合わせて選択することが大切です。
以下にそれぞれのサービスとの比較を載せましたので、サービスを選択する際のご参考にお役立てください。

ショッピングモール・ASP型サービスとの比較

これまで、ECサイトを構築する場合、楽天などのショッピングモールに参加するか、ASP型のサービスを利用するか、大変な費用と時間をかけて独自開発するしかありませんでした。それぞれの長所・短所をまとめると次の通りです。

 

長所短所
大手ショッピング
モール
  • 独自開発に比べて費用が安く、手軽に始められる。
  • 予め一通り機能が揃っているので、すぐにECショップを始められ、サポートなども手厚い。
  • ショッピングモール自体に集客力がある。
  • 月額利用料だけでなく販売額に応じた従量課金がされる。
  • モール内競争が激しく、結局広告費がかかる。
  • 外部サイト(自社サイト含む)へのリンク禁止など制限が多い。
  • 機能のカスタマイズは不可。デザインのカスタマイズも制限が多い。
ASP型サービス
  • 費用が安く、手軽に始められる。
  • 予め一通り機能が揃っているので、すぐにECショップを始められ、サポートなども手厚い。
  • 商品数が増えると上位プランへの変更が必要な場合が多い。
  • ASP提供会社のサービス中止リスクが付きまとう。
  • 機能のカスタマイズは不可。デザインのカスタマイズも制限が多い。
  • サイトのプロモーションは独自で行う必要がある。
独自開発
  • 自社の都合に合わせて自由に開発可能。
  • 膨大な費用と開発時間がかかる。
EC-CUBE
  • 独自開発に比べて費用が安く、手軽に始められる。
  • 販売額や商品数による従量課金が無い。
  • 予め一通り機能が揃っているので、すぐにECショップを始められる。
  • 独自開発と同等の拡張性を備えている。
  • オープンソースなので、サービス提供会社のサービス中止リスクが少ない。
  • サイトのプロモーションは独自で行う必要がある。

 

EC-CUBEはオープンソースであるがゆえに、ショッピングモールやASP型の安価という長所と、独自開発の長所である拡張性の両方を備えています。
またオープンソースであるので、ショッピングモールやASPサービス提供会社に依存しなくてすみます。もし、楽天市場だけに出店していて何らかの理由で楽天市場が無くなってしまったら、同時にあなたのECショップの売上げも無くなってしまいます。しかし、EC-CUBEはオープンソースなので、弊社以外にも扱える会社はあります。弊社とのお取引に満足できなければ、いつでも他社へ移ることが可能ということです。

その他のECサイト構築システム「osCommerce」との比較

オープンソースのECサイト構築システムは、EC-CUBE以外にもいくつかあります。
有名なのが「osCommerce」、そしてそこから派生した「Zen Cart」というシステムです。

 

「osCommerce」も多機能で完成度の高いシステムで、当社でも導入を検討した時期がありますが、結局以下のような理由でEC-CUBEを導入しました。

  1. osCommerce より、とにかく管理画面がわかりやすく、機能も充実している
  2. EC-CUBEはデザインカスタマイズを行う際の作業工数が比較的少なくて済む
  3. モバイル3キャリアにも標準対応している

あなたの不安をお気軽にご相談ください 無料 ウェブショップ開店相談室 ●開店までに何が必要かわからない・・・ ●大手モールにしようか迷っている・・・ ●スキルが無くても大丈夫か不安で・・・ フリーコール0120-948-760 ウェブラボ(株)ASP事業部 平日10:00〜18:00

Page Top